ikubana.jpg(10479 byte)
      SINCE 1996/7/23
      LastUpdate 2020/4/1



ご案内:このページの全ての文章、画像の転載を禁じます
新BBS 旧BBS   home

PCハードレビュー

PCハードレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PCソフトレビュー

PCゲームレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PHOTOギャラリー

シグナスX SR、PCX他バイクのページ

三代目スティングレーT(MH34S)レビュー

二代目スイフト(ZC71S)レビュー

初代スイフトスポーツ(HT81S)

インプレッサ・スポーツワゴン(GG2)

初代スイフト(HT51S)レビュー

EU-CIVIC(シビックiEレビュー)

試乗メモ

FUJI SPORTIF2.1
Google
インターネット検索 いくぽん.com内検索
2020/4/1


ネットの古い友人より自作PC?を中古で譲ってもらいました。

(前後編統合しました)


構成は
CPU:Intel Core i7 7770k(4.2GHz[Turbo4.5GHz],4C/8T,Cache8MB,TDP91W)
MEM:Crucial DDR4-2400 8GBx2
M/B:Asrock Z270M ITX/ac (Z270 Socket1151)
Case:Fractal Node304
ドライブ、OS無し







注目はやはりCPU。

2017年1月の登場なので3年前とは言え、i7-7770KはSkyLakeの次の第7世代KabyLakeアーキテクチャ、メインストリーム向け最高峰のCPUです。

Kナンバーなのでオーバークロックにも対応しているという。

発売当時は5万近い価格…凄い…

しかし来月登場予定の第10世代CometLakeでは何と1万円台で発売予定のi3-10100(i3の最廉価クラス)、それがこのi7-7770Kとほぼ同性能というのだからCPUの世界の下克上は無情です…


マザーボードはITXサイズで小さい!

今使っていたギガバイト GA-H110M-S2HはマイクロATXサイズですが、さらにそれより20%ほど小さくなってます(フラグ)。

そして驚いたのがインターフェースの豊富さ。





デスクトップPC用なのにWi-Fiやブルーツースが搭載されている!

LANポートが二個!HDMIも二個!

これは高級なM/Bなんじゃ…

調べたらGA-H110M-S2Hの3倍近い価格のものでした。ォォ


メモリーもDDR4-2400なのでDDR4-2133から速度アップ。
容量もアップ。


ほんじゃサクッとCPU乗せ換えますか!

と気楽な気持ちで作業開始(フラグ)。

Fractalのケースを綺麗にして(なんかスゲーねちょねちょしてる)、マザボ取り外してメモリーとCPUを抜いて、

今度は使っていたミニタワーからマザボ取り外して、CPUとメモリーを乗せ換える。

ミニタワーのマザボはGA-H110M-S2H(100番台チップセット)だけど、SkyLakeとKabyLakeは互換が有るので大丈夫なはず!

動作チェックは飛ばして(フラグ)、ケースにセットしSSDを接続して起動!


おー、めっちゃ簡単に起動!i3-6100より気持ちサクサクしている!

(フラグは吹き飛ばしたか?)


次はITXケースの方にi3-6100を移植しよう。

Asrock Z270M ITXにi3-6100とメモリーを乗せてケースに入れて、HDMIケーブルを接続してモニターにin。

電源ウォーン!









ヤベー!!!

電源は入っているけど、うんともすんとも言わない!(CPUファンは回っている)

そうか!i3-6100はES版だから初期BIOSでは動かないんじゃ?

よしAsrock Z270M ITXにi7-7770Kを乗せ換えてファーム(BIOS)アップデートしよう!


GA-H110M-S2HからZ270M ITXにCPUを乗せ換える(面倒…)


当然i7+Z270M ITXでOSは立ち上がるのでツールをダウンロードしてBIOSアップ!

しかしなぜかツール上でバージョンアップデートが出来ない。失敗する。

(うぉーなんでじゃー( `Д´))


数回繰り返すも出来ないのでググると、別のアップデート方法がヒット。

Z270M ITXは高級マザボだけありUEFI(BIOS)だけでファームアップデートができるらしい。すげー!

こちらはすんなりいき、v2.6にアップデート完了。


Z270M ITXのCPUを乗せ換える(面倒……)


しかしまあこれなら起動するだろ!(フラグ)


電源ウォーン!









ヤベー!!!

電源は入っているけど、うんともすんとも言わない!(デジャヴ)

これはES版を買った呪いなのか?

仕方がないZ270M ITX+i3-6100の組み合わせは諦めて、Z270M ITXは元鞘のi7-7770Kにしよう!


GA-H110M-S2HとZ270M ITXのCPUを乗せ換える(面倒………)


ミドルタワーは完成!


よしITXケースも完成させるぞー


GA-H110M-S2Hにi3-6100を乗せ、ケースにin!



(賢明な諸氏ならお気づきだろうか)









ヤベー!!!


ITXケースにマイクロATXマザーが入んねぇぇぇぇーーーーー!!!!!!!


(爆死)




こりゃだめだ


しかしITXとマイクロATXマザーのサイズ差なんてほんの3cm程度なんだから融通してよー(無理難題)


こうなったらi3の方はミニタワーに格納する以外手は無いですね。

本当はミニタワーの方は静音のために色々工夫してあったので、そちらをメインにしたかったんですが背に腹は代えられない。

到着したITXケースの方をメインにする事に。

まあこの作業はマザーの入れ替えなんでそこまで大変じゃない…

とは言えず、何度も作業しているとマイクロATX、そしてITXマザーの作業性の悪さにだんだんうんざりしてくる(笑)

小さけりゃイイってもんでもない。


とにかくメインを安定させたいので、そちらの作業を先に終わらす。

GTX750Tiも挿す。

おぉ!?グラボスペースギリギリ。

ていうか、ストレージハンガーを一個外さないとファン2個のうちのグラボは収納できない。


200401.jpg(76642 byte)


このケース、ITXの割にはミニタワーに引けを取らない容積に一見見えるんだけど、やはり狭いのね。


これで、メインの方はマザボがAsrock Z270M ITX/ac、CPUはi7 7770Kになりました。

特にドライバーのインストールとかOSのライセンスの更新とかは無くすんなり使えたのは拍子抜け。

昔はいちいちマザボのドライバーCDから各種ドライバーをインストールしたものですけどね。

Windows10さまさまなんでしょう。


折角大幅スペックアップになったのでベンチを走らす。

まずはヘビー級ゲームベンチFF15。





Core i7-7770K+GTX750Ti スコア:2620 評価:やや重い

i3の時は2551だったので100も上がってない。微増。

モニターを見ると、CPUは使用率20〜50%で余裕が相当ある。

メモリーも16GB有るので使用率60%程度で余裕。

グラボが常に99%で足を引っ張ってる…

第7世代とは言え、i7なら現行のミディアム以上のグラボじゃないとCPU生かせなさそうですね。


ベンチの定番CinebenchR20。





まず嬉しいのが、描画マスが8つ有る事!

1年ほど前まで2コアだったので2つのマスが一生懸命描画していたんですよね。

8つ+高クロックなんで相当描画が速く感じます。


200401r202.jpg(110243 byte)


結果は2173pts

ベンチ内の同CPUのスコアからすると250程度低いですね。

それでもi3-6100のスコア948からすると倍以上速いというのは分かります。

良いですね。

現行第9世代CPUとの比較ではi5-9400と同等という感じ。



これも定番ベンチマーク、PerformanceTest9.0。


200401pt.jpg(79496 byte)


Core i7-7770K+GTX750Ti


Core i3-6100+GTX750Tiが3813だったので、約25%アップのスコアです。


普段使いでは一番重い部類のYoutubeですが、CPUパワーアップでレスポンスはやや向上しました。

しかしYoutubeサーバー自体重いんでしょうね。

自宅待機などの影響でYoutubeの視聴数も爆上がりだそうで。


ちなみにPCが一台増えたのでi3の方はOSを買ってクリーンインストールしたのですが、クリーンインストール環境だとまずまず軽かった(けどサクサクではない)。




とメインは終了しましたが、i3環境は動かず(笑)

ケースに組み込んで、モニタに繋げて電源オン。


ピー!ピー!ピー!ピー!ピー!


ああ、デジャヴ・・・くらくら〜:(;゙゚'ω゚'):


なんでさっきまで動いていた環境なのにこうなるんでしょう(苛立ち)。


AMIバイオスで長音5回はVIDEOトラブルだそうで、ああそうか、グラボ外したからそれでか、と思い余っていたグラボを挿す。


ピー!ピー!ピー!ピー!ピー!


ああそうか、CMOSクリアするか。


ピー!ピー!ピー!ピー!ピー!


(#^ω^)ビキビキ


まさかCPUなのか!?信じられんぞ!

と思い、もう何回目かのCPU脱着。

すると驚いた。


CPUが反ってる・・・:(;゙゚'ω゚'):


な、なんで!?

ゆっくーり指で矯正すると少し元にもどった(爆笑)

ES版ってこんなところも弱点なのかよ!!!!
それで良いのかよ。


またCPUを元に戻して接続し直すと、一度だけ


ピー!ピー!ピー!ピー!ピー!


と、鳴って焦らせてくれた後起動!!!!!!



教訓:安いからと言ってES版を買うとずっと後悔するぞっ!




 
2020/3/27


新型コロナウイルス 鹿児島県で初の感染確認 NHK


遂に鹿児島バリア破れたか…と思ったらイギリスから帰国した人か!

普通に成田、羽田、鹿児島空港経由しているけどスルーだったのかよ(;-д-)

帰国後数日で医療機関に入院したという事で、鹿児島に感染が広がらなければ良いけど。


 
2020/3/20


今季は豊作ですねー

特に“映像研には手を出すな”と“ID:INVADED”は逸品。

映像研は原作まで買ってしまった…


今季気に入ったOP、EDを列挙。














↓曲だけなら“空挺ドラゴンズ”のOP、EDもお気に入り。







EDにしておくにはもったいないレベル。


 
2020/3/15


コロナ感染者が出てない9県それぞれの理由予測がひどすぎるw はちま起稿


青森→人住んでない
岩手→人住んでない
山形→陸の孤島



鳥取→人住んでない
香川→うどん
長崎→佐賀が全部防いでくれてる
鹿児島→焼酎でアルコール消毒


大体そんな理由だろう(適当


 
2020/3/10


・モニターねた


今使っているモニターはiiyama製 XB2481HSU-B1 23.8インチですが、その前は三菱電機のRDT234WX-Zを5年ほど使っていました。




(買った当初はAMVAパネルの独特な発色やシンプル過ぎる機能に苦言を呈していましたが、今は慣れましたw)


RDT234WXは画質も良く多機能で本当に気に入ってたんですが、画面に白い走査線状のノイズが出るようになってお蔵入りしたんですよね。

ただ、完全に壊れたわけでは無かったので押入れの肥やしにしていました。


今回時間が有ったので、久しぶりにRDT234WXを引っ張りだして直らないか分解清掃をしてみる事に。





簡単にばらせる代物じゃなく、上方と側面はかなりキツイハメ込み式で外すのに苦労…

バラシながら気が付いた。パネルはLG製やないけ!三菱電機じゃないのね。


電源部、入力部、液晶コントロール部などを清掃し再度コネクターを接続しなおす。

中は綺麗で、膨らんだコンデンサーの様な一見で不良と分るような部品は存在せず。


さて、無事に組み立て戻せるか。





無事ウゴイター


お蔵入りする前はハッキリとした白線上のノイズが出ていましたが、分解清掃後は完全には直らなかったものの、ゲームや動画を見る程度ならそれほど気にならない程度には回復しました。

良かった。



 






バックナンバー
2000  10 11 12
2001 1−3 7−11
2001/2002 12−2 3、4 5−7 8−10 11−12
2003 1-3 4-5 6 7 8a,8b 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2,3 4,5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 1 2
著作権所有“いくぽん”全権保留