ikubana.jpg(10479 byte)
      SINCE 1996/7/23
      LastUpdate 2024/7/15



ご案内:このページの全ての文章、画像の転載を禁じます
新BBS 旧BBS   home

PCハードレビュー

PCハードレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PCソフトレビュー

PCゲームレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PHOTOギャラリー

シグナスX SR、PCX他バイクのページ

三代目スティングレーT(MH34S)レビュー

二代目スイフト(ZC71S)レビュー

初代スイフトスポーツ(HT81S)

インプレッサ・スポーツワゴン(GG2)

初代スイフト(HT51S)レビュー

EU-CIVIC(シビックiEレビュー)

試乗メモ

FUJI SPORTIF2.1&MTB
Google
インターネット検索 いくぽん.com内検索
2024/7/15


・ワゴンRスティングレーT(MH34S)ねた


毎日一本はYoutubeで車整備動画を見ている気がするワタシですが、その中にラジエーターキャップ無交換でエンジントラブルに発展した、という動画が有りました。

で、“あれ?自分のワゴンR、キャップ交換してね?”と思ったわけです。

何か整備したらWebにアップしているけど、ラジエーターキャップの交換に関する記述は一つもない(車検明細にも載ってない)。

実際にエンジンルームを見てみると、そこには純正のキャップが鎮座していました。


え…12年間、53000キロ無交換…?


ラジエーターキャップの交換頻度には諸説あり、壊れるまで初期キャップを使っていいとか、1年毎に交換しろとかバラバラ。

さすがに“壊れるまで”てのはヤバいので早速交換する事にしました。


といってもキャップ自体は凄い安いですね。

Amazonで税込588円です。

ちなみに買ったのは日本特殊陶業(NTK) 製 ワゴンRスティングレーT用(P541A)ってものです(日本製)。








裏面もピカピカ。





オリジナルのキャップ。

ABSアクチュエーターの直ぐ隣に有ります。





裏面は全然キレイ。

おそらく車検毎にチェックはしてくれているんでしょうが、程度が良かったので今まで交換対象にならなかったんでしょうね。

今回交換したので、数年はもってくれるでしょ。


 
2024/7/7


・ワゴンRスティングレーT(MH34S)ねた


 エアコンネタでは無いですw


私のワゴンRは12年ものながら外装/内装の程度〇、エンジンの程度◎と判定してもらった訳ですが、非常に気になる点が有りました。

それは未塗装樹脂の劣化(白化)。





この時代のワゴンRは未無塗装樹脂の部分がやたら大きく目立つ。しかも劣化も早い。

折角今度エアコン一式新品になるのにこれではなーと思っていたらイイの見つけました。





ペルシード未塗装樹脂専用ガラスコーティング剤(1400円程度)。

未塗装樹脂のリカバリーにはシリコンオイルなどの油脂系を塗るのが一般的ですが、油脂系は雨で流されたりして長持ちしないのが欠点。

対してこのペルシードの製品はガラスコーティングしてリカバリーするので、1年程度は持つそうです。





塗りました(簡単)。

新品のように黒さが戻りました。

しかも20mlと大容量なのでこれだけでは1/4程度しか使ってない。

けど一度開封すると使い切る必要が有るので、車の他の部分にも塗りたくります。





ウェザーストリップからワイパー、カウルトップカバー、エンジンルームの樹脂パーツまで、ありとあらゆる未塗装樹脂に塗りまくり。

これだけ塗ってもまだ1/3余ってます。

コスパイイね。





若返ったスティングレーT。

未塗装樹脂が黒々としていると気持ちがイイですねー


 
2024/7/2


・ワゴンRスティングレーT(MH34S)ねた


 敗・北・宣・言 2


街の整備工場に預けて6日、やっと電話が掛かってきました。


「ぜんぜんエアコン調子良いっすよ?相当距離走ってみましたが問題無いっす」


・・・・・・・・


あいつ(MH34S)ネコ被ったな(#^ω^)ビキキビ


そして代車と引き換えに受け取って数分もすると、コンプレッサーがON/OFFを繰り返しガクガクブルブルとなる症状が出た!

しかも治らない!


という事で、ワゴンRはスズキディーラーに連行し、エアコン一式交換16万コースの予約を取ってきました。


今回得たものと言えば街の整備工場の整備士の方が「このワゴンR、年式(12年前)の割にはめっちゃ程度良いっすね。特にエンジン回りは新車時と変わらない調子の良さです。」という言葉を聞けた事ですかね。

この言葉を聞けたので、なら16万掛けても治す価値が有るか…と覚悟が決まったようなものです。


同じようなコンディションの軽ターボの中古は今でも高いですからね。








閑話休題、同僚が車を買いました。

なんと95年式スズキ・カルタス!





おおよそ30年以上前に登場したカルタスが市場に存在している事も驚きましたが、もっと驚いたのはそのコンディション。

外装、内装、エンジンコンディションも新車か?と思うほど程度が良い(走行距離も少ない)。

まるで90年代のディーラーから送って来たかの様。

しかも無塗装樹脂フェンダー、5速マニュアル、キャブ仕様、フェンダーミラーという玄人志向のカルタスでした。


 
2024/6/28


・ワゴンRスティングレーT(MH34S)ねた


 敗・北・宣・言


なんとコンプレッサーがON/OFFを繰り返しガクガクブルブルとなる症状が再発!

しかも長時間!


もう個人で出来る手は尽くしたので、潔く修理に出しました。

しかし細かく調べもせずに「交換一式15万円ですねー」としか言わないディーラーに出すのは意味が無いので、きちんと故障原因を調べてくれる一般の整備工場に出す事に。

まだ結果は分かってないけど、代車がこれ。







ダイハツ ミラ・ココア(平成23年・2011年式)DBA-L675S

13年前なので私のワゴンRとほぼ同い歳なんですね。

走行距離は約67,000キロ。

ココアは初めて乗ったんですが、乗る前のイメージとしては女性向けなんだから“かったるいアクセル”に“かったるい足回り”なんでしょ?(偏見)と思っていたんですが…


実際には、NAなのにパワフルでレスポンスの良いエンジン&CVTにスティングレー並みに締まったスポーティーな足回り!

これがKFVEエンジンかー 良いじゃないのー


一人で通勤で使う分には、かなりキツイ坂が有るルートでもパワー不足はほぼ感じず。

NAだとノロノロ登るんだろうなーと思っていた劇坂も、まったく普通にスイスイ登れました。

シートも悪くないし、ハンドルにチルト機構付いているし気に入りました。


しかしもうココアって廃版だそうで…

残念。



 
2024/6/21


・ワゴンRスティングレーT(MH34S)ねた


エアコン問題に関する話はついにラスト!(本当か?

なぜならカーエアコン問題を解決する最終手段をついに導入したから!

その名は“ドクター・リーク”





4000円少々とワコーズPAC+なみに高いですが、蛍光剤入りリークシール剤13g+エアコンオイル7g+エアコンガス30gとテンコ盛り。

エアコンガスリークシール剤が存在するのは知っていましたが、繊細なエキスパンションバルブを詰まらせる可能性が有ると聞いていたので躊躇していました。

しかしこの“ドクター・リーク”はエキパンを詰まらせる可能性のあるポリマーが含まれないとの事。

そして整備士の人たちがYoutube動画でこの製品を薦めていたので購入を決定しました。

この製品は大抵のガスリークを注入後30分程度で止め、しかもほぼ恒久的にシール効果が持続するそうです。





注入中。

約35psiで安定。


蛍光剤入りなので漏れ箇所を見るべくブラックライトでエンジンルームを照らしてみましたが、見える範囲ではそれらしきものは確認できず。

恐らくエバポレーターで漏れているでしょうから、それなら目視はできない…


しかし今回のドクター・リークでエアコン問題が打ち止めになるならこれは素晴らしい事です。

今後のためにと買いだめしたエアコンガス缶やオイル缶が無駄になるけど…それはそれで良い。



ちなみにカーエアコントラブル動画を見れば見るほど、自分の場合はギリギリで重整備を回避できたんだと実感しました。


どういう事かというと、私の車はエアコンガスが完全に無くなった時から1年以上経ちますが、一度ガス補充してから一年足らずでコンプレッサーに起因するアイドリング不調に陥りました。

この時はまだエアコンに関する知識がほぼゼロで分からなかったのですが、実はオイル切れによるコンプレッサー焼き付き一歩手前だったようです。

幸い完全に焼き付いてコンプレッサーが死ぬ前にワコーズPAC+を注入して復活しましたが、今でも本調子までに回復しているのかは分かりません(分解しないと)。

とりあえず必要な分は冷えているので、コンプレッサー交換はまだしなくても良い感じです。

カーエアコンに関する動画を提供してくれている整備士さんたちに多謝!


 
2024/6/4


・ワゴンRスティングレーT(MH34S)ねた


“エアコン問題がおおよそ解決したように思えて安心”、なんて以前書きましたが、それでもYoutubeのお勧めに出てくるエアコントラブル動画はもれなくチェックしていました。

すると今まで見た動画の中で一番クリティカルな動画についに出会いました。





中山モータースさんの動画で、対象車種がMH44Sというもの。

ワゴンRのエアコントラブルの動画のほとんどがMH23Sという、私のワゴンRの一世代前のワゴンR。

MH23Sはエバポレーターの設計ミスでガス漏れが発生し、隠れリコール対象になっていたようです。

動画のMH44Sは私のMH34Sのマイナーチェンジ版で内部構造はほぼ同じなので、すごい参考になります。

で、動画を見ているとMH44Sもエバポレーターの隠れリコールが有ったようで7年以内なら無償交換してくれるそうで(とっくに過ぎている)。

はぁ?MH44S(MH34S)もエバポレーターに欠陥有ったんかい!!(怒


まあ大事なのはここからです。

この動画ではエバポレーターからガスが漏れて、コンプレッサーオイルも流れて無くなるとガスを補充しても意味なくエアコンシステム全体の交換になってしまう、というのを事細かに見せてくれます。

どういう事かというと、コンプレッサーがオイル切れする→多量の鉄粉が発生する→フィルターやエキパンに鉄粉が詰まる→ガスを補充してもエアコンが効かない。

という流れ。


私のモデル(MH34S)より3年は新しい動画のワゴンRでもここまでなってしまうとは…と驚きました。

幸いにも私のワゴンRはワコーズPAC+という高性能コンプレッサーオイルを入れて復活しましたが、動画を見る限り同等の鉄粉がエアコンシステムに充満しているだろう事は想像に難くありません(;-д-)


話は変わって、エアコンコンプレッサーに必要なオイル量は約60ccだそうです(デンソーの場合)。

今までワコーズPAC+を2本注入していますが、実はこれに含まれるオイル量はわずか5cc。

2本入れても10ccで、しかも注入時のロスも考えると実質7ccも入っているかどうか…

という訳で慌てて追加で買いました。





マルエヌ Renew CPR134 (HFC-134a用) エアコンコンプレッサーオイル。

こちらはガス25cc、オイル25ccとオイル量に重きを置いた商品で、しかも900円少々とお値段も安い。


注入中。





さらに時間をおくと針は30psiの辺りで落ち着きました。


ワコーズPAC+を2本入れた後でも意味あるの?と思いきや…

それまではコンプレッサーの電磁クラッチがONになると“ガッ”という音がしてコンプレッサーが動いていたのですが、オイル25cc追加後は“カッ”という音に。

明らかにさらにコンプレッサーの負荷が軽くなったようです。

良かった良かった…


ちなみに動画を出している中山モータースさんによるとエアコン全とっかえは部品代だけで13万近く掛かるそうで、それならスズキディーラーが言っていた全とっかえ15万というのは逆に良心的な価格に感じますね。

動画を見ると相当大変な作業みたいですし。



 






バックナンバー
2000  10 11 12
2001 1−3 7−11
2001/2002 12−2 3、4 5−7 8−10 11−12
2003 1-3 4-5 6 7 8a,8b 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2,3 4,5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2022 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2023 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2024 1 2 3 4 5
著作権所有“いくぽん”全権保留