ikubana.jpg(10479 byte)
      SINCE 1996/7/23
      LastUpdate 2020/8/7



ご案内:このページの全ての文章、画像の転載を禁じます
新BBS 旧BBS   home

PCハードレビュー

PCハードレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PCソフトレビュー

PCゲームレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PHOTOギャラリー

シグナスX SR、PCX他バイクのページ

三代目スティングレーT(MH34S)レビュー

二代目スイフト(ZC71S)レビュー

初代スイフトスポーツ(HT81S)

インプレッサ・スポーツワゴン(GG2)

初代スイフト(HT51S)レビュー

EU-CIVIC(シビックiEレビュー)

試乗メモ

FUJI SPORTIF2.1
Google
インターネット検索 いくぽん.com内検索
2020/8/7


Panasonic ジェッター 2021モデル


 パナソニックから何やら目新しい自転車が届いたと思ったら、何と新型ジェッターでした。

ついにフルモデルチェンジしたんですね。





今までのジェッターはハリアーの兄貴分的な電アシ車で、ママチャリ電アシ勢とeバイク勢の中間、よりママチャリ側という存在でした。

けど新型ジェッターはママチャリ勢から完全に…いや言い過ぎた、90%は脱したと言ってもイイのではないでしょうか。


まずママチャリ電アシ車とeバイクの違いは…ユニットの違いですね。

広い意味ではママチャリ電アシもeバイクなんですが、業界で言うeバイクはスポーツ電動アシストユニットを載せた自転車の事を指します。

その点ジェッターはママチャリ電アシ勢の仲間なんですが、ママチャリ勢の大きな問題だったシートパイプ後ろに大きなバッテリーが鎮座しているというウイークポイントを改良してきました。

ユニット自体がクランクの後ろ側に位置する関係上、どうしてもスポーツeバイク勢に比べるとリアセンター間が間延びしてしまいますが、かなり改良されたポイントじゃないでしょうか。





また、今までのジェッターはママチャリ電アシと同じ外観のコントローラーだったのですが、Xシリーズに近い多機能ディスプレイを搭載する事により、雰囲気がかなりeバイク勢に近づきました。

このディスプレイはスピードやトリップ、ケイデンスも表示できる優れものです。


ライトもXシリーズと同じものを搭載しています。


実際乗ってみると、アシスト感はママチャリ勢と同じドッカン加速。

時速20km超えてからのアシスト感の喪失やアシスト無しでのペダル抵抗感などは、まさにママチャリ電アシのソレなんですが、ガチ勢じゃない限りこれで十分じゃないんですかねーと思います。

実際走っていて楽しかったですよ。

20km/h以下ではかなりパワーの有る走りを楽しめます。

旧ジェッターより車体バランスが良いのか、取り回しが軽く感じますね。

ロングライドツーリングとかでしたら、XU1の様な20万オーバーの本格eバイクの方が疲れないと思いますが、街乗りメインならこのユニットでも十分楽しめると思いますね。


何よりパナソニックのeバイクで一番安いXU1でも225,000円(税抜)する中、150,000円(税抜)で買えるのがイイですね。

12Ahリチウムイオンバッテリー搭載で、標準モード約54km、ロングモード約85kmと、バッテリーの持ちもまずまずといった所です。

新しいジェッターはカッコいいので売れそうですねー


 
2020/8/5


マックでどこでもハワイ!


 上記の期間限定メニューが5日から始まったので早速食べてみました。

食べたのはお初の“ハワイアンスパイシーバーベキュー”と“ハワイアンパンケーキ、キャラメル&マカダミアナッツ”。

クーポン割引で計950円。





バーガーの方はバンズの間にミートパティとハッシュドポテトが挟まれているだけのシンプルな一品。

しかしソースがキテル。

スパイシーなハラペーニョチーズソースが、バーガーをあっという間にハワイに連れて行ってくれる。

冗談じゃなく、食べた瞬間十数年前に行ったハワイの記憶が蘇りましたよ。


食べただけでその国の光景が蘇る食べ物って、他はカレーくらいじゃないですかね?(知らない





ハワイアンパンケーキもまさにハワイ!

私がハワイに行ったときはパンケーキブーム無かったのでハワイでは実際は食べてないんですが、期待以上に美味しかったです。

マックでこんなのが出来るんや!と思いましたね。


今回食べたハワイアン二種は正にグレイト!な品でした。


期待値を超える食べ物って中々出会えないので嬉しいですね。


 
2020/8/5


・マイナポイント


 皆さんはマイナポイントの申し込みもうされたでしょうか。

2万円分の利用、もしくはチャージで5000円、カードによっては上乗せでさらに2000円相当のポイントが付与されるという代物。


私は普段WAONやイオンカードを使っているのでイオンカードの方で申し込みしようと先月思っていたんですが、イオンカードは先月末にやっと対応したんですよね。

なぜ他社より遅い。


で、実際に申し込んでみたら面倒!

数カ月前の特別定額給付金の方が楽だった。


PCで作業しましたが、マイナポイントのサイトからマイナポイントの予約、イオンのサイトでマイナポイントの申し込み、再度マイナポイントのサイトから申し込み操作。

マイナンバーカードを二回読み込ませてパスワードを入力する必要が有りました。


最近バージョンアップされたEDGEでは動作せずIE11を引っ張り出す必要が有ったし、これ挫折する人も居るんじゃないか?という感じ。

ある程度PC分かっている人じゃないと無理だよね。


イオンの場合はイオンバンクのATMでも申し込みが出来るようなので、そちらでやれば面倒じゃなかったかもしれませんねー

ただATMで何分も操作するのは気が引けるけど(^^;


 
2020/7/30


・MH34S スズキ スティングレーTねた


 ここ数週間、いや気が付かなかっただけで数ヶ月?ライト暗いなーと思ってたんですが、ふと前車に映る自分の車のヘッドライトを見てみると“片玉切れてるやん!?”

一週間ほど前にスズキに持っていったばかりなのに、その時には点検してくれなかったんやね…


今乗っているスティングレーは人生初の純正HID装着車。

バルブ交換も初です。

8年4万キロもったのはHIDとして長いのか短いのか…わからん。


早速スズキに電話してみるかと料金聞いてみると。


工賃込みで3万円!?


両目交換のお値段ですが、高すぎないかい。

で、Amazonやら楽天やらを調べると、3千円前後からバルブ自体は有るじゃないの。

やったね、自分で交換するしこれでいいよね、と思ってレビューを見てみると…


“安かったけど買ってすぐに切れた”

“安かったけど車検通らないくらい暗い”

“安かったけどチラつきがある…”

等のレビューがやまほど。


安いバルブは業界で言う激安中華バルブという代物の様で。

当たればめっけもん、という気持ちで買うのが正解の様です。


なんだかんだで、ネットでもまともなバルブは1万以上はする感じです。


で、ふと思い出す。

オートバックスに1万以下のHIDバルブ有ったよな?


ありました。





Valenti HIDバーナーEX
DS4S/R共用 4500K 3600lm 3年保証
税抜8,590円

自分で取り付けるのは不安だったので、工賃2千円ちょっとで付けて貰いました。





4500Kという事で純正相当ですが、白いですね。





路面の照射光は純正よりちょっと白い程度。

路面が濡れてますが、ちゃんと照らせているのは立派。

流石4500K。

明るさは新車時の純正の方が明るかった気が…

ディーラーの1/3程度の価格で保証も3年付いていて、リアル店舗なのでネットで激安中華バルブ買うよりは良かったかなーという感じです。


 
2020/7/17


・MH34S スズキ スティングレーTねた


 私が乗っているスティングレーTは後2ヶ月で8年が経とうとしている所ですが(距離は41千km)、何とまたリコールのお知らせが。

スズキは毎度正直にリコールを発表してくれて正直なのは良いけど、私の乗っているモデルはエネチャージ初期型のためかリコール多めですね。

今回もエネチャージ関係の部品らしい。





まあ、これは良いんだけど(特に自分の車では不具合無かったので)、持病なのか?と思っていた点が一つあったので整備士の方に相談してみた。

それは、アイドリングストップ中、または減速中にエアコンが動き出すと(当たり前だけど)エンジン回転数が一瞬急上昇し、ブレーキ踏んでいるのに前に進むことが有る、という症状。

何度か前の停止車両にぶつかり掛けた事が有って、これブレーキの踏力の低い女性なら確実に前車にぶつかっているよな?という事も。


これ、治るのかな、それともこのMH34S固有の問題で治らないものなのか?

と思って相談したら、何とこの件スズキは把握済みで対策のECUプログラムが既に出ているとの事。


おい!これこそリコールもんじゃないの!?


絶対全国ではこれが原因で接触事故起っているよね?


8年経ってやっと対策されるなんて… 正直遅い。


さて、作業に1時間ほど掛かるという事で色々試乗させてもらいました。



ジムニー XC


 税抜160万少々のジムニーさん。
人気が有りすぎて納車1年半まちだそうで。





試乗車は5MTモデルでした。

エンジンは660ccターボ。

久しぶりのマニュアル車だけど1500cc普通車!?と思うほどトルクフルでまったくガクガクする事無く走り出す。

試乗コースは直ぐ劇坂だけど、3速3000回転ちょいでグイグイ登る。


ワゴンRも昔はシート高高いと思っていたけど(慣れた)さらに高くRV車的な視界が凄く良い刺激。

タイヤが軽としては破格にデカく(175/80R16)ハンドルを握っていてもタイヤが遠くに感じるイメージ。

車格がかなり大きく感じますね。


高い車高+シート高も高いので、純粋にリクレーション車としてワクワクする乗り心地でした。

軽なのにパワー不足感が微塵も無いのが凄い。





独立二眼メーターやスポーティーなステアリングも良い。


これは皆欲しくなるよね。



スティングレー ハイブリッドX


 もう一台乗せていただいたのが、スティングレーのNA車。

お値段税抜約136万。





以前ハイブリッドT(ターボ車)を試乗して、内装の質感の高さなどに関心したんですが、同じスティングレーでもNAタイプは結構普通な印象(何でだろ)。





気にしていたのがエンジンパワーなんですが、試乗コースの劇坂をNAでも軽々と登るのには感心しました。

660cc初期の軽なら6000回転くらいぶん回して、エンジンが悲鳴を上げながら登って行ったような坂を4000回転くらいしかも静かに(昔と比べたら)登っていくのには感心しました。

劇坂以外では本当にエンジン回転数も低く、平均燃費計を見ると19km/Lの表示が。

やっぱりNA車は燃費が良いんですねー

十分なパワーを感じたので、次買うときはNAでも満足できそうです。


私のスティングレーTは買ったときはハンドリングが今一だったのですが(BSタイヤのせい)、新しスティングレーXはハンドリングもイイ!

車を降りてタイヤの銘柄を見てみると、ダンロップEC300+でした。

ワゴンRにはBSとダンロップ二種類の新車装着タイヤが有りますが、ダンロップ装着車は総じて良い走りを感じますね。

もうダンロップ一択で良いんじゃないかな(BS値段高い)。



 
2020/7/11


・低価格本格派MTB SCREEM





お値段39,800円のエントリーMTB。

ぱっと見、ノーブランドのしがない安物なんちゃってMTBに見える代物です。

しかしこれが“とんでもねー”バケモノでございました。

人は見かけによらない、とはよく言ったものです(MTBだが)。


フレームにはSCREEMというロゴ以外ブランドロゴが無いですが、これはHodakaのジャイアント製MTB(ややこしい)。

生まれ先が違えば、NESTOのMTBラインナップ最エントリーモデルに加わっていたであろうと思える(このままのパーツ構成では無理だけど)。


意味不明に聞こえるかもしれませんが、つまりフレームだけでも29,800円くらいで売ってくれないかなーと思うヤツなんです(意味不明


構成は6061軽量極太アルミフレーム、27.5x2.1KENDAの軽量ブロックタイヤ、前後クイック、フロントサスはズーム製、フロントシングル38Tx12-32T、7sリアカセットスプロケット。

上下異径ヘッドに大径31.8mmハンドルクランプショートステム。

ディスクブレーキ台座搭載(実車はVブレーキ)。


驚くべきは(本当に驚くポイントはまだ先だけど)車重。

この価格帯ならアルミフレーム車で良くても15kg前後かな。

けどこのMTBの車重は約13.1kg。

スタンド、ペダル、保安部品全部つけてもギリ13.7kg台。

たぶんクラス最軽量でしょう。


そしてモンスター級だと私がビビったのがその走り。

MTBスキの私、そしてロード乗り(今はピスト乗り)の同僚ともどもペダルヒト漕ぎの段階で“スゲー!”と感嘆の声を上げるほど。


これはNESTOのMTBだわ…(違う)


私が所有しているHAROのMTBはめっちゃ高剛性ボディーで走りが良いのですが、それに匹敵する剛性感があり、めちゃ良く進む。


まあ、フレームじっくり見るだけでも凄さは伝わってきますよ。


こんな凄いMTBを量販店のスポーツ車コーナーに置くなんてもったいなさすぎる。

どうせお客さんは2、3万円台のナンチャッテMTBと同列にしか見ないだろう。


そうだ、NESTOのシールをはろう(ダメ絶対




 
2020/7/8


・GRID (2019) Ultimate Edition


 上記のゲームをまたもやNetboyさんから頂きました。
ありがとうございますm(__)m

以前プレイしたGRIDの最終形態とも言えるレースゲームで、グラフィックはより美しく、内容はてんこ盛り!だそうです。

容量80GB近くとビッグサイズ。


非常におススメされたので、早速どんな感じなのか見てみようと立ち上げる。

キレイなムービーが流れる。

おー、綺麗やないかい。
しかし、実際のプレイ画面だと少し落ちるんやろ?ワイの環境の場合。

と思っていたら、いきなり操作可能状態に!

もう始まるんかい!コントロールやグラフィックスの設定しないんかい!


ていうか、ハンコン繋いでないキーボードの状態なんですが…

キーアサインどうなってんの?

ゲームは始まっていますが(凄く綺麗)とにかく思いつくキーを押す(笑)

アクセルは…Z、違う。↑、違う。W、違う。

A・・・これだ!

ブレーキ、X、違う。↓、違う。Z、これだ!

ハンドル・・・→、違う。←、違う。?、違う。_、違う。

<と>だった!





しかし、キーボードでまともに走れるのか・・・?と思ったら杞憂でした。

めっちゃ快適!

海外の本格派レースゲームでこんなに快適にキーボードでプレイできるとは。

キーボードでドリフトしながら気づく。

これ操作感リッジレーサーVじゃん!?

マジ感動。





グラフィックスはPS4レベル。

動きは滑らか。

キーボードでもアーケードライクに気持ち良く操作できる。

凄いゲームですね。


しかし、良い気持ちになったのはおいといて、ゲーム起動後いきなり始まったレースを3レースもしないとゲーム内メニューに行けないって何なんでしょう(笑)


操作はキーボードのまま、グラフィックスなどの設定がどんなのか確認も出来ず3レース走らされるとは凄いゲームです(^^;

(WRCシリーズもいきなり2レースさせられますが)





オプションで確認したところ、解像度1600x900、設定ミディアムで動いていました。

フルHDかと思うほどキレイだったんですけど。

私の環境の場合(i7-7700K+GTX750Ti)この設定で平均55fps近く出るようです。

フルHD+ハイの設定で60fps以上は現行グラボじゃないと無理そうですね。





完全英語版なので異常に盛りだくさんのゲーム内容が殆ど把握できませんが(解説サイト見つからない。モード凄まじい数あるが違いが分からないw)、フリーモードを見てみるとコースがリアルサーキットから日本の峠、中国の都会、アメリカのビル群など有り面白そう。

スクショに有る様な日本のコースを少し走ってみましたが、サクラとモミジが同時に咲き誇り五重の塔がちらちら見える素敵なコースでした。


コースや車種などを見てみると、結構カジュアルな感じなので(S2000やBRZなども居る)日本語化されたらかなり人気でそうなんですが…

ていうか海外ではPS4版も出ているんですね。

国内ではカジュアルレースゲーが少ないのでPS4版でも良いので日本語版出たら楽しいと思います。



 
2020/7/5


・Wi-Fiルーター購入


 15年ぶりにWi-Fiルーターを買い換えました。

今まで使っていたのはバッファローのWHR-G54S





15年前なので今となってはアレなIEEE802.11b/g対応。2.4GHzのみ。

速度も有線側100Mbps。

アンテナ一本。


当時は携帯がWi-Fi対応していないし(スマホ無いし)、ノートパソコンもWi-Fi標準では無かったですからね。

大体ADSL接続だったし、これで十分だったんです。

逆によく15年間動いているもんですよ。立派。
(検索したら今でも販売されてる…凄い)


しかし最近は家の中はWi-Fi接続デバイスだらけ。

しかもzoom会議多用と来たもんだ。

そろそろ買い替えないとな、次もバッファローにするか、と思ったらAmazonでのバッファロー製品の評判の悪い事(^^;

15年でそんな品質落ちた?


しかし他社は結構高いんだよなーと思って探していたら、今のAmazon人気はTP-Link社のルーター。

しかもバッファローより安い!


TP-Linkなんて聞いたことないわ…と思ったら海外ではメジャーなメーカーの様ですね。

無知でスミマセン。


で、購入したのがTP-Link Archer C6という製品。

お値段は3000円ちょっと。安い。





安いのにアンテナが外部4本に内部1本の計5本搭載。

最新のIEEE802.11ac対応。当然5GHz対応。

ギガビットLAN対応。

Wi-Fi側も最大867Mbps。


高性能アンテナと高性能CPUを搭載して同時接続15台でも速度低下せず、ビームフォーミング機能により1Fから3Fに電波を飛ばすという事も問題無し。


こんなのが3000円少々で買えるとはありがたや。


接続設定などは今時!という感じで専用アプリをスマホに入れて行います。

まあ設定といってもSSIDとかパスワード設定くらいで終わりますが、管理画面からは今どのデバイスがどのくらい帯域を使っているかも分ったりして管理しやすい。


スピードテストサイトで通信速度を比較してみると、バッファローが23.7Mbpsに対し、TP-Linkが36.9Mbpsで接続できました。

ルーター変えるだけでも速度が上がって満足です。


10mくらい離れた部屋のデスクトップPCのWi-Fiでもアンテナ2本から5本に増加。

zoomの通信速度もピーク1.5Mbpsから2.5Mbpsへ向上。

グッドです。


後はどのくらい長持ちするかですねー

10年はもってほしい。



 
2020/7/5


“肉らしいほどうまい”が売りのビーフバーガーが期間限定で販売されているマック。

最近足が遠のいて一週間に一回程度しか行ってなかったのですが、気になっていたのでマイティビーフオリジナルバーガーを食べてみました。





何か宣材画像と違ってしょぼい。

そして店内で食べているのに色々飛び散っている!


マイティビーフの特徴はスモーキーなベーコンビッツだそうですが、ベーコンビッツというよりベーコンのクズ片じゃないか!

めっちゃポロポロ外に落ちます。

これ車内では食べない方良いヤツね( ^ω^)


なんだろう、ワールドシリーズはレギュラーメニューに無いパンチの効いたソースが好きだったりするんですが(バーベキューとかね)、このバーガーのソースはコブソース風でパンチが無い。

マズい訳では無いんだけどセットで790円出して食べるほどの物か?という疑問がわく代物でした。

これ食べるんだったら、ビッグマックの方が良かったなー(ぉぃ



 
2020/6/22


・SSD購入


 メインで使っているSSD(SanDisk Plus 240G-J25C)の容量が切迫しているので、新たにSSDを買いました。

Netboyさんから沢山ゲームを頂いたものの、残容量40GBでは殆どインストールできない(^^;

ちなみにSSDの値段は今年に入ってからコロナの影響で高騰していましたが、NTT-Xストアで税込み5980円の格安で480GBのSSDが出ていたのでそちらを購入。

商品は2020年の新製品で“CFD販売2.5インチ SSD 480GB SATA 7mm 3D NAND採用 3年保証 CSSD-S6H4GCG3VW”という物。





スペックはリード530MB/s ライト430MB/s コントローラー:PHISON PS3111-S11T、NANDフラッシュ:SK-Hynix V4 3D TLC (2chip)、キャッシュ:32MB

メインで使っているSanDiskのSSDはMLCなんでそれよりは格下ですね。




4年使って94%容量を使っているSanDiskは性能劣化殆ど無し。立派。




データを入れない状態のCFDのSSD。
ほぼ公称通りの数値。


EaseUS Todo Backupを使いクローンを行い、ドライブを入れ替える。

今回は一回で成功(^^;

今回はトラブルも無くすんなり行っているなーと思いながら、再度ディスクベンチを走らすと…

うわ!最初の数値の60%程度しか速度が出ていない…

確かにパッケージにはデータ容量が増えてくると速度が落ちるって書いて有るけど、ここまで落ちるのか!?とビビる。
(ベンチデータを残してない…)


これではメインでは使えないなーという事で、新しいSSDはストレージ用に使う事に。


ストレージ用にフォーマットし直し、配線もし直し。

同じく使用した状態を見たいので、アセットコルサ日本語版、DiRT4、DiRT Rally 2.0、Euro Truck Sim2、F1 2019、WRC7をインストール。

これで約250GB!(残200GB)

Steamだと爆速で再インストールできるのが凄いですね。

どんだけ優秀なサーバー使っているのやら。


この状態でもう一度ディスクベンチを走らすと、数値は新品時と殆ど変わらず。

おや…?

システムドライブに使うと数値が落ちるのか、たまたまベンチを走らせたときに重いタスクが走ってしまったのか、今となっては分からないですね。不思議。

まあ格安SSDなんでストレージ用途が安心です。



 
2020/6/17


NESTO FALAD PROが入荷。





 このロードバイクは10万以下で満足できる性能のロードを探している人にはお勧めのバイクです。

お値段81,000円(税抜)と、各社エントリーロードが10万前後という事を考えるとお求めやすい値段。

それでいて、フレームはNESTOの上位モデルALTERNA (オルタナ) と共通。

コンポは16速コンポ シマノClarisをクランクからブレーキまで採用し、10万以下では最軽量クラスと言える車重9.3kgの軽量バイクになっています。


今時のトレンド、上下異径ヘッドパイプや振動吸収機構フレクサーなどを採用したフレームですが、へたにケーブルを内装しないオーソドックスなレイアウトが個人的には好きです。

正直見た目以外内装にメリット感じないですからね…
インナーワイヤーの錆びにくさはあるけど、インナーは早々にステンレス製に変えれば問題無い。




上下異径ヘッドパイプにブレーキはClaris。




BBがちゃんとホローテック2なのは立派。

このクラスでもスクエアテーパーBB採用ロードが普通に居る。


10万以下だとタイヤが安い中国(台湾)製という事が多いですがこのバイクはマキシスのデトネーター700X25Cフォールディングを純正採用しています。

買えば2本8000円以上するんじゃないでしょうか。


マットブラック一色しかカラーバリエーションが無いのが寂しいですが、ロゴなどはゴールドでペイントされていて高級感ありますね。


試乗してみました。


走り出して直ぐに分ったのは走りやすい!

安いロードだとどこかしっくりしないポジションだったりしますが(自分の適性サイズだとしても)、シートからハンドルの位置などが良くできている印象です(465サイズに試乗)。

操縦安定性も安定しすぎず、クイック過ぎずと扱いやすいハンドリング。

ガッチリ系のフレームほどでは無いですが、車体の軽さからか加速感も良くスムーズに速度が伸びていきます。


そして良いタイヤとフレクサー機構のお陰か、95psi程度の空気圧でも車体に不快な微振動が殆ど来ないですね。

カーボンフレーム車まで行きませんが、アルミフレーム車の中ではかなり振動吸収性良いバイクに感じます。


総評価は98点!
ブレーキ性能も変速性能もこの価格帯では申し分ない。

これでもっと明るい車体色やグラフィックのモデルが有れば100点じゃないでしょうか。

ブラックもカッコいいんですけどね。
ちょっと地味過ぎる。


この車体のパフォーマンスは12万までの他社エントリーロード(例えばFUJI NAOMI、GIOS SIERA)を喰っちゃえるレベルだと思います。

おススメ。



 
2020/6/13


CoreとAtomを両搭載するIntelの新CPU「Lakefield」正式発表 PC Watch


 今回の第10世代コメットレイクで痛感したのは、IntelのCPU技術が頭打ちだという事。
(10nm、更には7nmにするんだ!と言っても開発できなければねぇ…)

今後どう進化させて行くのか、と他人事ながら心配していた所でしたが。


ニュースによると“Big.LITTLE”と呼ばれる方式を採用したCPUにモバイルはなって行くようですね。


“Big.LITTLE”は既にスマホ用CPU(ARM系)では当たり前になっていますが、ハイパワーなビッグコアと省電力のリトルコアが同居したCPU。

昔あった日産マーチ スーパーターボの様な感じですね!(違う)


今年市場に出るとみられるLakefieldのCore-CPUはSunny Coveコアx1、Atomコアx4の5コア構成のようで、クアルコム・スナドラのような4x4とかの切りの良い数字じゃないのがむず痒い感じです。

でもまあ大幅な消費電力削減と、メインメモリーまで一体化し筐体を相当コンパクトに出来るという事で、遅々としたガジェット業界に新風を巻き起こすかな?




鹿児島県内11人目の新型コロナ感染男性 濃厚接触者は6人 MBCニュース


 うわー!!

折角、鹿児島では53日間感染者0だったのに!!

しかも感染経路不明というのが恐ろしい。

街の商業施設でも、マスクをしていない若者たちがペチャクチャ喋りながら沢山うろついているんですが…




 
2020/6/5


Intel Core i3 10100 レビュー 自作とゲームと趣味の日々


 スペック的に第7世代CPU i7-7700Kと同等なんじゃ?と思っていた廉価グレードのi3の更に最廉価モデル、i3-10100のレビューが出てました。


i3-10100のCINEBENCH R20スコア 2191cb。

この前i7-7700Kを定格で測ったスコア2173cb。


スカイレイク改改改改などと言われて蔑まれているコメットレイクですが、第7世代ハイエンドと同等の性能を、ローエンドに持って来れているのはやはり凄いですね。

血の汗が滲む努力をしているのでしょう…

(10nmプロセスはよ)


 
2020/5/31


レトロ自販機そろう隠れた名所、オートレストラン・鉄剣タローが31日閉店 3密避けられず再開を断念 埼玉新聞


 レトロ自販機マニアの間では知らない人はいない“鉄剣タロー”。

遂に閉店ですか…

私は動画でしか知らない店ですが、憧れでした(´・ω・`)悲しい






この動画に出ている女将さんが、ニュースで66歳の店主と言われている女性かな?

動画からすると既に8年前からいつ閉めようかと思われていたようですが、沢山のファンやサポーターも居るので辞められなかったんでしょうね…


32年余りの営業お疲れ様でした。



 






バックナンバー
2000  10 11 12
2001 1−3 7−11
2001/2002 12−2 3、4 5−7 8−10 11−12
2003 1-3 4-5 6 7 8a,8b 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2,3 4,5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 1 2 3 4 5
著作権所有“いくぽん”全権保留