ikubana.jpg(10479 byte)
      SINCE 1996/7/23
      LastUpdate 2018/8/15



ご案内:このページの全ての文章、画像の転載を禁じます
新BBS 旧BBS   home

PCハードレビュー

PCハードレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PCソフトレビュー

PCゲームレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PHOTOギャラリー

シグナスX SR、PCX他バイクのページ

三代目スティングレーT(MH34S)レビュー

二代目スイフト(ZC71S)レビュー

初代スイフトスポーツ(HT81S)

インプレッサ・スポーツワゴン(GG2)

初代スイフト(HT51S)レビュー

EU-CIVIC(シビックiEレビュー)

試乗メモ
Google
インターネット検索 いくぽん.com内検索
2018/8/15


今まで私の部屋ではトヨトミの窓用エアコンAIW-16というモデルを使用していました。
(ベランダが無いので)


しかしこの猛暑の今、突然壊れた!( ゚д゚)

冷風が“しょふぉ〜”という感じでしか出てこない。


エアコンを付けても室内は夜なのに32度。付けない方がマシかと思うほど。

10年持ったから良い方なのか…


とにかく鹿児島ではエアコンは10月まで使うほど、エアコン無しの生活は考えられない。

次の日に速攻で鹿児島市内の家電量販店に電話を掛けまくるも、なんとどこも売り切れ!

“メーカー在庫も無いのでシーズン中の入荷は無いと思います”との事。


マジかよーエアコン無いと死んでしまうよー と思いつつも、ここ10年ほど御無沙汰していた近所のヤマダ電機の事を思い出しTELしてみると、なんと数台だけ有るという事!


急いで買いに行く。


買ったのはコロナのCW-F1618という量販店専売モデル。

税込みで約48,000円。




安いけど防カビフィルターや10年持つ脱臭フィルター、ドレン水除菌機能、内部乾燥機能、液晶付きリモコンなど十分十分。


大きさは今まで使っていたトヨトミのより一回りコンパクト。

それでも26kgと重い。5階まで階段使って持ち上げたのは辛かった。


トヨトミのは買った直後あまりの煩さにメーカーを読んで点検して貰った程だったけど(想定内ですの答え)、流石に10年経っているだけ有りコロナのCW-F1618は特に気になるような振動ややたら大きなコンプレッサー作動音などはしない。

室外機タイプに比べたらうるさいけど、10年前の機種からすると半分以下の騒音レベルに感じますね。

これなら夜も快適に寝られそうです。



 
2018/8/12


シクロライダーで紹介されていて、お!?と自分でも思ったのがこのインドアMTBコース。






何これめっちゃ楽しそう。


日本でももっとMTBが流行っていれば、こんな施設が出来ていたかもしれないね。



 
2018/8/5


 たしか7,8年前に同僚から買ったゲームキューブ。

結局買った後一度も動作確認してなかったよなーと思ったものの、AV端子が使えるモニターが自宅に無いため、オプションのD端子ケーブルを買う事に。

するとこれが高いのなんの。


定価3500円のケーブルが、今や1万前後で売られている。完全にレア商品。


購入


これでやっと動作確認できる!






おー、めっちゃキレイやん。

時代を感じさせない滑らかな3D!


よーし、次はピクミンでも遊んじゃうぞー( ^ω^)


10年以上前のソフトだから中古で500円くらいであるやろ。


1万7000円・・・・・・:(;゙゚'ω゚'):


買えぬ


 
2018/7/30


・Hodaka NESTO SCORTO


ホダカネストブランドの通勤通学用スポーツ車スコルトが入荷。





通勤通学用だけありオートライト、前カゴ、泥除けが付いているけど、カギが付いていない。

これは少し残念。


ブレーキは前がキャリパーで後がローラー。

毎日走るとなるとこれは正解かも。


フレームはアルミで、タイヤはKENDA K1053 700x28Cで他社より少し良いタイヤを履いている。


早速試乗してみる。


第一印象は重い!が、走り出すとそこそこ“すいー”と走る感じ。

何で走り出しがこんなに重いのかとスペックを調べてみると、この自転車フロント48Tのリア14-28T(7速)なんですね。

なので同クラスであるTVアルミスポーツ(フロント42Tリア12-28T(7速))と比べると漕ぎだしが重いわけだ。


だから坂道とかダッシュは苦手で、平地番長的な自転車って感じですね。


TVアルミスポーツとの比較。





価格帯はほぼ一緒(35,000円程度)で車重も殆ど同じ(約15kg台)。

装備的にはTVの方がリング錠装備で少し良い。

ブレーキはTVの方は前後Vブレーキなので効きは良いけど、メンテナンス性などから言うとSCORTOに分がある。

カゴはTVの方は樹脂カゴでフロントが軽く感じる(B型は金属製)。

ライトはTVの方がシマノのHILMOなので明るさ軽さ共々優秀。

タイヤはTVはいわゆるママチャリタイヤ(27型)。
軽量版耐パンクタイヤで走りは結構軽い。後々の交換の事を考えると27型の方が少し安くつくかな。

SCORTOは一般的な700Cタイヤが履けるのでタイヤ選択肢が広いのは良い。


ギア比的にはTVの方がカセットスプロケットな分レシオが広くて良いけど、どちらも7速なので拡張性は悪い。


走りに関してはTVの方が軽快で好みだけど、巡航速度に乗れば違いはなさそう。

タイヤの衝撃吸収性はTVの方が高い(太い分)。


同じ価格なら自分だったらTVの方を選ぶけど(鍵も付いているし)、SCORTOも出来は悪くない感じです。



 
2018/7/26


とっくに鳴りを潜めたと思っていたWebMoney詐欺がうちにもやってきた。





一度もLINEのやり取りをしてなかったのにイキナリ5万円分のWebMoneyを買ってきてほしいとか、引っかかる人がいるのか分からないけど…


※旧知の方々へ

グアテマラのてっちゃん(と言えば分るはず)からの「WebMoney買ってきて」メッセージは詐欺ですので絶対に相手にしないでください。

本人もアカウントを乗っ取られたと言っていました。



 
2018/7/16


ハイスコアガール、原作の絵は灰汁が強すぎて受け入れ難かったけど、アニメでは灰汁が抜けて良い感じに。

そしてEDがスキ。








さぁ、体の勉強をしようねー






 
2018/7/14


パナソニック(自転車)の販売店向け勉強会&試乗会に行ってきました。


注目は今年三台にラインナップが増強されたXシリーズ(XM1,2,XU1)


特にXM2のフロント内装シフトが謎だったので実車確認と技術者に色々尋ねる事ができました。

何で謎だったのかというと、普通シングルギアのクランクに内装変速なんて仕込む場所は無い。

恐らくモーターとクランクシャフトの間に噛ませているんだろうけど、それならフロント内装2段という言い方はおかしいよな?と。







実車のXM2はフロントシフトが内装2段で電動式。
ハンドルバー左手に設置されている集中コントロールスイッチで変速する。

見た目も、勉強会の映像でも内装変速はモーターとクランクの間に位置しているように見え、やはりイメージが湧かない。

しかし試乗するとモーターパワーだけでなくペダリング自体にもフロント変速が掛かっている事を確認。

凄い不思議w


技術者の方にどういう理屈でフロントに変速が仕込まれているのか確認しました。

すると驚いた事に普通のシングルギアだと思っていたクランクが、実際にはクランクとシングルギアは繋がっておらず、その間に遊星ギア(変速機構)などが仕込まれているですと!?


確かに良く見ると、クランクの回転とフロントギアの回転がシンクロしてない!!

これは奇妙で凄く衝撃的。


技術者の方に聞くとこのシステムには相当コストが掛かっていて、普通にカウントすると車体が楽に40万越えてしまうとの事。

競合他社との兼ね合いで税抜き38万に価格を抑えたそうで。



試乗会にはスポーツタイプでは無い電動アシストのハリアー(MTBタイプ)とジェッター(クロスバイクタイプ)も有ったので乗り比べてみると、従来のハリアーやジェッターと比べると、Xシリーズのアシスト力は1.5倍以上強力に感じました。

ハリアー、ジェッターだって十分なアシスト力だと思っていたのですが、全然違う。

また高ケイデンスタイプだけ有り、アシスト力が弱まる20km/h付近だとペダリングが急に重くなるハリアーなどと違い、Xシリーズはアシスト力は弱まっても引き続き人力でペダリングし続けられるのが、流石スポーツ電動アシストだなという感想でした。


こんなん乗ったらXM2欲しくなるじゃん… 高すぎて買えないけど(^^;


 
2018/7/5


久しぶりに“びっくりドンキー”にハンバーグを食べに行ってきました。

盛岡に居た頃は週一くらいで上堂のびっくりドンキーに行っていましたね。





びっくりドンキー以外でも鹿児島だとジョイフルとかガストとかでハンバーグを食べる事は有りますが、やっぱりびっくりドンキーにはかなわないよなーと常々思っていました。


しかし、今回1、2年ぶりに行ったのですが、味が落ちていて愕然…

あの特徴だったジューシーさが感じられない(;`Д´)


ていうか昼間なのに店内がガラガラ。

もしかして味が落ちたのこの店だけ? だったら良いのですが(鹿児島市内にはもう一店舗びっくりドンキーが有るので)。


で、怖くなったのが自分の舌がおかしくなったんじゃないかって事。

そりゃ歳をとる毎に舌の感受性も落ちますからね(笑)



で、行ってきました。モスバーガー。

注文したのはとびきりハンバーグサンド“チーズ”





ぐはーー!!!!うめぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!


まさに小躍りしてしまうほどのうまさ。


下手なレストランのハンバーグの800%くらいうまい(?


別に舌がバカになっていた訳では無いようなので安心しました(笑)


しかし、またうまいびっくりドンキーのハンバーグも食べたいな…店変えれば美味しいかな。



ていうかあの“メリーゴーランド”が無くなっていた方が心底ガッカリしましたよ( `Д´)


 
2018/6/27


<はやぶさ2>変化に富むリュウグウ 探査本番へ Y!News


 ついに打ち上げから3年半掛け、約3億キロ離れた小惑星リュウグウに“はやぶさ2”が到着しました!

はやぶさ1の教訓のお陰か今回はトラブルに関する情報を聞かないですね。

無事ミッションコンプリートする事を願います。


はやぶさ1の事を思い出して、“はやぶささん”というコミックを見直したらまた泣けた…




「こんなこともあろうかと!」 また有るんだろうか。





・シグナスX SR (SE44J)ねた


13000キロほど走ったので駆動系メンテでもするかとウェイトローラーを購入。




キタコ製9gWR 約2000円


とりあえずクランクケースを外す。





固着しかかっているボルトが有り多少苦労するもここまではまあまあ。


で、プーリーを外そうとすると…

数十分粘るもまったくナットが外れない('A`)

新車時には簡単に外れたのに…

汗をダラダラかきながらついにギブアップ。


とりあえずベルトの様子を見ると、多少減っているようだけど異常は無く安心。


しかし最近ひどくなっているクラッチジャダーの問題や、摩耗しているであろうウェイトローラーの件も有るので駆動系メンテを店に持って行ってやってもらうしかないですね。残念。



 
2018/6/20


【超便利】地域を入力すると「その場所のゆれやすさ」がわかるネットサービスが登場! 職場や実家住所を入力して地震災害に備えよう! はちま起稿


 結構細かく調べられるようですね。

私が住んでいるところで検索すると、意外にも揺れにくい方でした。

鹿児島なので地盤は殆ど火山灰層の様な気がするんですけど…


今も激アツ!かつてみんなが熱狂した50ccスクーター @DIME


私が小学生の頃、近所の兄ちゃんがチャンプRS TECH21を買って超かっけー!と思ったのを思い出しました。

昔の50ccスクーターは2stで速かったですしね(うるさくて煙いけど)。


 
2018/6/10


・MARIN


以前書いたCORTE MADERAの色違いが入荷。





色はマットオリーブ。

今オリーブ色って流行っているんですかね。

自分がいる店でも女性男性問わずオリーブ色って売れますね。

CORTE MADERAは6万ちょいとすこし高いクロスバイクですが、やはり走りはダントツにイイ。

このバイクの場合、特に軽いホイールと転がり抵抗の少ないシュワルベ・ルガノというタイヤによる所が大きいような気がしますね。

MARINはタイヤにしっかりお金を掛けているメーカーなので良いと思います。



・キャプテンスタッグ


YG-0278 ビッグバイク29erという珍しいバイクが入荷。

キャプテンスタッグ(パール金属)というとキャンプ用品しか思い浮かびませんが、結構自転車も作っていますよね。





もはや主流ではなくなった29erですが、マットなボディーがカッコいい。

パーツは色々と安物を使っていますが、実際試乗してみるとすこぶる走りやすい。

ジオメトリーのお陰か29インチホイールにも拘わらず、取り回しに違和感がないのは驚いたというか。

キャプテンスタッグを見直したというか。日本人向けにちゃんと造られているんでしょうね。

ブロックタイヤなのに、見た目と異なり走りが軽いのも良いですね。


お値段的には4万円台後半ですが、あと数千円出すとディスクブレーキかつ、Fサスもちゃんとしたのが付いたモデルも他社には有るだけに、Vブレーキかつノーブランドサス、ニッチな29erに今さら5万近くだすのもなーと思いますが(3万円台なら手放しで褒めます)、走りは結構いいので気に入った人には良いかも(曖昧)。






個人的にはキャプテンスタッグの、この鹿番長ロゴがツボでした。



 
2018/6/3


待望の12速化 多彩なレースカテゴリーへ対応する7世代目のXTR シクロワイアード


 まさかロード用コンポより先にMTB用コンポの方が12速化するとは。

流石にリアはブースト規格の148mmというエンド幅になりましたが、採用されるスプロケットは10-51Tと圧巻のワイドレシオ。

一度触ってみたいものだけど、XTRグレードだと一生触る機会無いかもな(笑)








めっちゃ、クスッとなった(矛盾


 
2018/5/30


ゴールデンカムイでアイヌ語のオソマとヒンナヒンナ覚えてしまったよ…

OPもEDもカッコイイ曲なのは珍しい。








 
2018/5/30


 鹿児島県のいちき串木野市はマグロの水揚げ港として有名で、街の至る所に海鮮食堂が有ります。

その中でもお手軽な価格で新鮮な海鮮を食べられると人気なのが、照島海の駅食堂。

数カ月前も行ったのですが、その時は人気の海鮮丼ではなく握り寿司定食を頼んだので今回は海鮮丼を注文しました。





スマホのカメラでは今一伝わりませんが、相当のボリューム。

大の大人が食べてもちょっと多いんじゃないか、という感じ(^^;


魚は地元の漁師が釣ったばかりの新鮮な近海モノが沢山。

相当なプリプリ感。

これに味噌汁、漬物、サラダ、ミニ茶碗蒸しが付いて1050円なのでコストパフォーマンスは悪くないと思います。

魚が食べたいなら握り寿司定食の方が10貫ついてシャリ少なめなのでおススメ。





折角、串木野に来たので行った事が無い温泉に行きたいなと思い、検索して行ったのがくしき野白浜温泉 みすまるの湯。

口コミでは施設が古いだのあまり良い事が書いていなかったので心配でしたが、実際はやや古い程度でそんな気にするレベルでは有りませんでした。

それより好みのぬるめの湯温や、海が良く見える露天風呂が気に入りました。

泉質はさっぱり系でしたが、皮膚に良い成分の様です。


 
2018/5/22


・MH34SスティングレーTねた


 昨年の車検の後、とりあえず前輪だけダンロップ EC-202Lに交換しましたが、今回後輪もスリップサインまであと少しになったので交換しました。





交換したのは前輪と同じダンロップ EC-202L(165/55-15)。

今まで履いたタイヤは、山が有る程度減るまで思ったような性能が出なかったですが、この202Lは初期状態からグリップ、ロードノイズ等期待した性能が出ているのでお気に入りになりました。

安いのに日本製ですしね。


前回は鹿児島市内で結構人気のある激安タイヤ店BEE-LINEで交換しましたが、自宅からはそこそこ遠い。

今回は比較的近くに有るタイヤセブンという激安タイヤ店で購入しました。


タイヤ6600円に交換工賃、バランス、廃棄料、バルブ代等1500円で、二本で16200円。

クレカ手数料も必要なく(BEE-LINEでは必要)、ローテーションもサービスしてくれBEE-LINEよりお得でした。

今回はEC-202Lにしましたが、2千円ほど足すと最新のEC-204が買えるそうなので、次回はそちらにしようかな。


 
2018/5/13


・MH34SスティングレーTねた


 エンジン周りから異音がするようになった数年前から燃費がリッター13キロ台後半になっていて、燃費落ちたなーと感じていました。

オイル交換は定期的にしているし、タイヤも変えたりしていたんですが。


で、以前書いた異音の問題が解消してからふと燃費計を見るとリッター16キロを指しているじゃないの!
(エアコンを常時掛けるようになった今はリッター15キロ台後半に)


異音の原因はベルト&テンショナーだったので燃費と一見関係ないように感じたのですが、何で良くなったのかな。


そう言えばノッキングと勘違いして燃料添加剤(フューエルワン相当品)を投下したので、それの効果で燃費が良くなったのかもしれませんね。


まだ燃料添加剤半分残っているから、5000キロ位走行したらまた投入してみよう。


 
2018/5/13


・MARIN


 BOLINAS RIDGE-1





本来MTBメーカーのMARINですが、今やMTBラインナップは少ししかありません。

その中でもエントリーグレードがこのバイク。


車体は6061アルミフレーム、SRサンツアーXCTサスフォーク、メインコンポTourney 21速、Tektro M280メカニカルディスク、27.5x2.1ブロックタイヤ、車重約14.9kg


これで5万円台、コンポのグレードが低いのが残念ですが、操作感が悪いわけではない。

ブレーキがテクトロで、ディスクなのに利きが今一なのはテクトロらしいというか。

フロントサスはちゃんとしたメーカー製なので動きは良いです。

乗った感触は至ってまともなMTBで、まじめに造られているなーという印象。

操作感もニュートラル。


ただハンドル幅はかなり広く感じ、測ってみると70cm程度有る。

両端を5cmほどカットして60cmにした方が、普通使用では扱いやすいでしょう。


日本ではMTB人気は絶えたような印象でしたが、私が勤めている店では今年はMTBが売れているので5万前後でまともなスペックの車体はもっと欲しいんですけどね。

5年ほど前ならアルミフレーム、フロントサスXCM、コンポALIVIO、シマノ製ディスクという中堅スペックで5万円台のが結構有ったんですが、今だとこのスペックなら8万以上はしますね。


 






バックナンバー
2000  10 11 12
2001 1−3 7−11
2001/2002 12−2 3、4 5−7 8−10 11−12
2003 1-3 4-5 6 7 8a,8b 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2,3 4,5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 1 2 3 4
著作権所有“いくぽん”全権保留