ikubana.jpg(10479 byte)
      SINCE 1996/7/23
      LastUpdate 2016/7/25



デル株式会社
デル株式会社

ご案内:このページの全ての文章、画像の転載を禁じます
新BBS 旧BBS   home

PCハードレビュー

PCハードレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PCソフトレビュー

PCゲームレビュー(オールド)
1996〜2001年に掛けてのレビュー

PHOTOギャラリー

シグナスX SR、PCX他バイクのページ

三代目スティングレーT(MH34S)レビュー

二代目スイフト(ZC71S)レビュー

初代スイフトスポーツ(HT81S)

インプレッサ・スポーツワゴン(GG2)

初代スイフト(HT51S)レビュー

EU-CIVIC(シビックiEレビュー)

試乗メモ
Google
インターネット検索 いくぽん.com内検索
2016/7/25


・HARO Escape 8.1ねた


 2年ほど前にレストアしていたMTBですがフロントフォークを交換しました。

このEscape 8.1はフォークが最初はMarzocchi MZ COMP、次がGRIND OS。

レストア後はSR SUNTOUR XCM-V3 HLO 100mmトラベル 9mmQR。

このXCMはヤフオクで新車外し(恐らく)品として売られていたもので(今も定期的に出品しているからどんだけ在庫しているんだw)、下玉押し(クラウンレース)装着済みのもの。

で、この最初に付いていたクラウンレースがくせ者で、まあその時点でクラウンレースに種類が有るなんて知らなかったんですが、何と装着時にクランとヘッドパーツとの間に4mmほど間が開いてしまう。

いわゆるちゃんとハマっていないんです。

とりあえず使用に問題は無かったのですが、荒い乗り方をしたらヘッドパーツに負荷が掛かって壊していたかもしれませんね。

ググるとこのクラウンレースの形状はFSA The Pigってやつのっぽい。

じゃあ自分のMTBに合うクラウンレースはどれだ?となるとこれもややこしい。


MTB用のアヘッドヘッドパーツなら共通しているんだろうなんて甘い考えでした。

様々なメーカーがヘッドパーツを出していますが、クラウンレースはその種類だけ存在すると考えても良いらしい。

まじ!?( д ) ゚ ゚


ホーザン インテグラルヘッド情報

上記のサイトを参考にするとうちのMTBのヘッドパーツはロープロファイルのCaneCreek製なのでアングル36のタイプで汎用品が使えるらしい。




クラウンレース圧入工具を買うのが勿体なかったので割入りタイプを買いました。

これだと指で押し込む程度で装着でき楽です。


新品のフォークはスターファングルナットが未挿入なのも悩み。

専用工具も結構高いので、プレッシャーアンカータイプのヘッドパーツを買ってみる事に。




KCNCプレッシャーアンカーヘッドパーツ(1500〜2500円)。


で、フォーク自体はこれまたヤフオクで売られていた、
Marzocchi MZ RACE 80mmトラベル ロックアウト&プリロードアジャスト
新品未使用
というのを購入。




商品自体は6500円と、XCMが8500円だった事を考えるとお値打ち。

重量は2.6kgから2.2kgと結構軽くなる(実測)。

中身はSR SUNTOUR製らしい。

トラベル量が80mmというのが不思議で、出品者の間違いか?と思うも、そもそもフォーク自体にトラベル量とかの記載は無く、体重をかけてみても50mm程度くらいまでしかXCM(100mmトラベル)もこのフォークもストロークさせられないので真偽は不明…

スタンチオンのアウターレッグから出ている量もXCMと20mm差が有るわけでも無い。


そもそもMarzocchi MZ RACEというフォークの情報自体がMarzocchiのサイトに無い。
恐らく完成車向け専用製品なんでしょう。

サスフォークのグレード的にはそれこそXCMと同じくらいなんじゃないでしょうか(部品も共通っぽいし)。

どちらもフォーク本体の注意に“使っていいのは林道くらいまで!ハードなダウンヒルとかもってのほか!”って書いて有ります(笑)


新たに買ったクラウンレースはバッチリとはまり一安心。

しかし実際の装着で他に問題が。


KCNCプレッシャーアンカーがいくら固定してもすっぽ抜けるw

規定が5Nmまでとあるけど体感で10Nm程度の力で固定してもスルッスル。

手の力くらいだと固定されているように感じるけど、実際にヘッドキャップを付けると一緒に抵抗なく上がってくる。

アルミやカーボンのコラムチューブなら問題無いという口コミでしたが、スチール製のコラムチューブとは相性悪いんでしょうか。

という事で諦めてスターファングルナットと挿入用専用工具を買うことに。


続く。




 
2016/7/14


・JAMIS(ジェイミス)TRAIL X2


 2年ほど前に友人宅に引き取られたJAMISのMTBですが、今回ディレーラー周りのトラブルが有るという事で店の方に入庫されました。




↑これは私が買った時の状態の写真


見るとディレーラーハンガーがもげてディレーラーも曲がっていました。

こういう時にディレーラーハンガー装着車だと、ハンガーが身代わりに壊れてくれて助かるから良いですね。

しかしJAMISのMTBなんてレアな自転車のハンガーなんて手に入るのか?と思い数日調べましたが、JAMIS自体は国内に代理店が有るものの補修パーツは契約した店にしか卸さないそうで。

結局Amazonでハンガーだけ売られているようなので(アメリカから出荷しているっぽいw)そちらを友人に買ってもらい、ディレーラーやその他もろもろは店で手配する事にしました。


私の手を離れてから2年近く見る事のなかったTRAIL X2なのでその間の経年劣化を見る良い機会です。


ふーむ、ワイヤー類はスチール製だけあってサビでボロボロですね。
変速やブレーキの操作に支障がでるレベルまではまだ少しという所。

チェーンもノーメンテだったんでしょう。サビでボロボロ。

ディスクブレーキ関連は若干サビていましたが思ったほどでは無い。

RSTのサスペンションはインナーレッグ(スタンチオンチューブ)が可動域より上部にサビが見られる。

フレームは汚れているものの、新車時に養生をしていたためそれを剥がすとピカピカの塗装面が出てきました。

ネジ類は意外や意外、サビているものが少なく良心的な造りなんだなーと感心。


TRAIL X2は定価ベースだと5万円台のエントリーMTBになりますが、やはりこのクラスになるとノーメンテでもそこそこ良い状態を保っていますね。


2〜3万前後のATBルック車だと2年もノーメンテだと見るも無残、捨てたくなるくらいサビサビで、駆動部分もちょっとやそっとのパーツ交換では良くなる見込みが無いものが多いです。

予算の問題は有るでしょうが、やはり上のものは長持ちしますね。


という事でワイヤー類はステンレス製に交換。たっぷりグリスも塗布。

チェーンもシマノのメッキ仕様の良い物に交換。

サビたインナーレッグは余っていたフレキシブルパイプでサビ隠し(笑)

汚くなっていた養生は綺麗に剥がし、再度養生を貼り付け。

新しいディレーラーとハンガーを取り付け、各部の調整を行うと、まるで新車みたいに。


ここまでやると工賃やパーツ代で1万を軽く超えますが、またノーメンテでも数年は調子よく乗れる状態になったんじゃないでしょうか。


安い自転車でも雨ざらしにしない、雨天走行後はフレームの水分抜き取り、チェーンに注油しておく程度でもかなり良い状態を保てます。

また、ワイヤー類は初期ではスチール製が殆どなので早めにステンレス製に変えておくと長持ちして良いですね。

そもそもステンレス製とスチール製でワイヤー自体の値段は殆ど変わらないのにメーカーが採用しないのは、買い替え需要を見込んで、だと私は邪推します(笑)

消耗品は取り換えればいいだけなんですけどね。
それを理解していない消費者も多いので。



 
2016/7/13


・自転車技士&自転車安全整備士


自転車店で働いていると取るよう勧められる&ほぼ強制的に取らされるのが上記の資格です。

特に安全整備士の資格はTSマークを自転車に貼るために必須の資格となっています。


しかしまあ勉強していて思うのは、わざわざ二つに分けるなよ!という事。

確かに技術面に重きを置く技士と、安全面に重きを置く安全整備士と若干中身は違うのですが普通は両方取るし、実技は共通だし(受験会場も受験日も一緒)両方受けると受験料バカ高いし(3万円オーバー)、統一して安く受けられるようにして貰いたいものです。


この実技なんですが、これが何と自転車を自前で用意しないといけないんですね!
てっきり3万も払うんだから車体くらい用意してくれていると思いましたよ(電気工事士のように工具のみ持ち込みかと思っていた)。


どんな自転車で実技を行うかはレギュレーションが決まっています。

ブレーキはディスクは不可だし、小径車や折り畳みも不可。
フロントシングルは不可。
ロード、クロス、ATBは問わないようですが、ドロップハンドルは時間が掛かるのでクロスバイクかATBが多いようです。


実技で恐ろしいのは後車輪の分解組み立てがある事。

スポーク一本単位までばらして再度組み立てます(もちろん振れ取りも)。
私の場合はこれだけで実技の半分の時間を使ってしまいます。

後車輪の組み立て、変速パーツ、チェーン取り付け、ブレーキ、ハンドル周りなどのパーツ取り付け、変速やブレーキの調整などを80分以内に完成させる必要が有ります。
(クランク、Fディレーラー、フォークは付いているよレベル)

時間オーバーは即0点という厳しさ。


これを素人が実務経験2年したくらいでクリアするなんて無理でしょ!?という難易度です。


私が働いている店は大手チェーン店なので今年1月から月一ペースで講習会を行ってくれ、ホイール組みから教えてくれているのでありがたいものです。
(車で言うところの教習所組ですねw 普通は一発試験)

しかも実技で使う自転車まで用意してくれているとは。


前置きが相当長くなりましたが、この用意してくれている自転車がくせ者で、買うと2万しないいわゆるATBルック車。


もうあちこちが低クオリティーです。

せっかくセミナーを受講しているのに毎年60%台の合格率(一発組と変わらない)らしいですが、こんな安いチャリで試験に臨んだらそりゃ落ちますよってレベル(笑)

特にひどいなと感じたのがリアディレーラー




これは1万前後のママチャリから2万円台のATB、クロスルック車、小径車に良く使われているシマノTY21です。

買うと1400円前後。


前回のセミナーの模擬試験で実技が失格になったのですが、それがこのディレーラーの精度の悪さのせいでした。

このディレーラーもフロントシングルなら問題の無い精度なのですが、試験で使う車両のようにフロントトリプルだと、どうしてもフロントインナー、アウターどちらかで正確にシフトできずリアが上がりきれない、下がりきれないという状態になりがちです。
(当たり外れもありますけど私の車両は外れでした)

通常の使用ではそういう場合でもシフターをオーバーシュート気味に操作する事によって変速を完了させる事ができますが、試験ではそういう適当動作が許されていません。
(ペダルを回転させながらの変速は行わない)


やっすい機材のせいで試験に不合格するのはイヤやー!という事で用意したのがコレ。




シマノTX35。

試験で使うルック車のディレーラーはブラケットタイプ(逆爪)じゃないと付けられないので、合うのを探すのに苦労しました(結局Amazonでは買えず)。

TX35はTY21同様ターニーグレードですが、中身的にはアルタスにも匹敵する良い製品です。

残念ながらこれ廃盤になったらしく入手困難なんですが、ヨドバシに2000円程度で有って助かりました。

装着してみると、はー全然違うわ!ある意味ダラダラ動くTY21に対して、TX35はシャキ!シャキ!と小気味良く正確に動いてくれます。

実際触ってみるとブラケット部や本体リンク部の剛性が全然違いますね。

ねじる力を加えるとTY21はグラグラ動きますが、TX35は簡単には動きません。

これで試験にも勝つる!と思ったのですが頭の固い講師陣がディレーラーの持ち込みを許可してくれるのかそれが心配です。

レギュレーション的には問題ないのですが、社内的にどうかと思う!とか言われそう(笑)

まあその時にはその時だなー


というわけでTX35お勧め!(廃盤だけど完成車向けには供給しているので修復部品として取り寄せ可能みたい)


 
2016/7/1


・懐かしの自販機巡り(一ヶ所)


Youtubeで好きな動画に、昭和懐かしい自販機を巡る動画が有ります。






子供のころ国道沿いなどに良く有ったオートスナックやオートレストランの類。

私が子供のころ住んでいた盛岡市内のオートレストランにはカレー、うどん、そば、ハンバーガー、寿司(!?)の自販機が有った記憶が有りますねー

大人になったら買うぞー、と意気込みつつも大人になるとコンビニが台頭して結局近所のオートレストランは無くなりました(残念)。

こういう思いをした大人も多いようで、この懐かしの自販機巡り動画ってのは人気有るみたいです。


かなり絶命状態の食べ物系自販機ですが調べると全国数か所にまだ残っているようで、この鹿児島にも九州唯一(マジ!?)といううどん、そば、ハンバーガー自販機が有るそうで。

で、行ってきました。


市内の自宅からだと車で1時間少々。


とりあえず金峰に向かう道路沿いにある栗乃屋で大判焼き(小ぶり)を買い腹ごしらえ。




色んなアンが有り楽しいです。


そのまま海を目指して一時間程度走り続けると有りました。

阿久根商店!(阿久根ではなく加世田に有る)





あまりにも地味に有るので、ここは何回も通っていたのに気が付きませんでした。
(普通の自販機コーナーだと思っていた)


中を見ると・・・

キター うどん・そば自販機にハンバーガー自販機!





こんな汚い…もとい古い外観ですが、マニアのために、すぐ近くに有る阿久根製麺工場さんが保守してくれているそうです。感謝。


まずはそばを頂く事に。値段は330円だったか350円だったか。
当たりでチャーシュー付きだそうです。








当たりキター!

天ぷらの他にさつま揚げと、当たりのチャーシューが入っていました。

アツアツのこれが自販機から25秒で出てくるなんて信じられませんね。

味は普通のそばで、おそば自体もおいしいです。
チャーシューもおいしい。

これで300円台なら良いんじゃないですか!


食べているとニャーンと声がして、自販機の裏からネコがやってきました。

いらっしゃいませーとでも言っていたのでしょうか(たぶん違う)。





お次はハンバーガー自販機を。

こちらはチーズバーガーだけで220円。

かろうじて動いているご老体って感じです。
お勤めお疲れ様です。





数十秒して出てきたハコがまたレトロ!
嬉しいですね。





ハンバーガーはチーズもとろけて美味しい。

コンビニの安いチーズバーガーより確実に美味しいですね。





自販機の維持を考えると本当に採算度外視でやっているな、という感じでレトロマニアのために頑張ってくださっている阿久根商店には感謝です。


鹿児島市とは反対側の東シナ海を見ると、曇っていますが波も穏やかで、激しかった梅雨も去ったのかな?と思わせる空気でした。





もうすぐ夏ですねー


 
2016/6/30


・ドスパラタブレットDiginnos DG-D08IW2


 輝度0%時に画面がちらつく症状で入院していたタブレットが戻ってきました。

戻ってきて一度だけ一瞬ちらついて焦りましたが、ここ数日使って再現は無く一安心。


8インチWinタブ使って思ったのは、このサイズならWinではなくアンドロイドタブが良いですね。

Winタブなら最低でも10インチ無いと字が細かくて結構大変だと思います。

というか、そもそもタブレット買うのにWinタブを買うのはミスセレクトですよ(自分で言うか)。
いわゆるPCマニア向けの代物(おもちゃ)だと思います。

特に年配の方は間違ってもWinタブ買わない方良いですね。
色んな罠が待っています(笑)

いや、もしかしたら認知症予防に良いかも(本当か)


 
2016/6/22


ドスパラタブレットDiginnos DG-D08IW2は購入二日目に輝度0%時に画面がちらつく症状が出て修理に…

まだ帰ってこない…



  〜 NEWSあれこれ 〜


消費者庁、Windows 10無償アップグレードに関して注意を呼びかけ impress

 アップグレードする気の無いユーザーを騙してまで(トラップで)アップグレードさせるというのはダメですよね。

古い周辺機器やソフトは確かにWindows10に対応できないし。


自分も結局Win8.1からのアップデートでは不具合が発生して、クリーンインストールするまで解消しなかったし、強制アップデートの責任をMSが取れるわけじゃないですから。


と言っても問題なくWin10が動いていれば便利機能も快適で、もう8や7、当然XPや2000に戻りたいとは思いません(笑)

Windows10自体は良いOSだと思うのに、今回の強制アップデート騒ぎでウイルス呼ばわりされているのが残念です(責任はMSに有るけどw)。



三菱自動車、「eKワゴン/カスタム」「eKスペース/カスタム」の燃費再測定結果を発表 impress

“一例として、30.4km/Lを達成したとしていたeKワゴン「M」では25.8km/L”。

4.6km/Lもサバを読んでいたとは悪質ですね…

「法定検査方法で行ったらカタログ燃費超えた」というスズキを見習って。


 
2016/6/13


・タブレットねた


 以前親用に10インチのアンドロイドタブレットを購入しましたが、今回は自分用にウインタブレットを購入しました。

購入したのはドスパラで販売されているDiginnos DG-D08IW2です。


タブレットを購入するにあたってアンドロイドにするかウィンタブにするか悩みましたが、アンドロイドは使い慣れているので使った事のないウィンタブに挑戦してみる事に。


DG-D08IW2のスペック

CPU:Atom x5-8300(4コア 1.44GHz/1.84GHz、L2 2MB)
MEM:2GB
ストレージ:eMMC 32GB
OS:Windows 10 Home 32bit
ディスプレイ:8型1,280x800 10点タッチ
ネットワーク:IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェイス:Micro USB×1、microSDカードスロット、前面/背面200万画素Webカメ、マイク、音声出力
センサー:加速度、GPS
サイズ/重量:約214×128×9.1mm(幅×奥行き×高さ)/約376g
バッテリ駆動時間:約6時間
価格:17,800 円(+税)


2万以下で8インチだとアンドロイドタブでもメモリ1GBだったりするところですが、この価格でこのスペックは良いですね。

2万以下のタブレットはいわゆる中華タブレットばかりで品質面に不安があるものですが、DG-D08IW2の質感は高くアルミ製の筐体はかなりしっかりしています。

画面の明るさはかなり十分で日中でもはっきり見えます。
色再現性も悪くない。綺麗です。

音はしょぼいけど音量は有ります。




 縦タブレットモード




 デスクトップ




 IE11


使ってみた感想は、普通のPCですね(笑)

やはりウインタブはアンドロイドやiOS勢とは別ものでした。

いくらタブレットモードが有ってもあくまでも通常のウインドウズの拡張機能で、アンドロイドタブなどの専用機と比較すると使い勝手が悪いです。

確かに文字サイズとかは大きくしたりできますが、肝心のインターフェイス部分が固定文字サイズのアプリが多いですね(文字が小さいまま)。

DG-D08IW2の解像度は8型で1,280x800と結構低めなんですがこれでも文字は小さく感じ、はっきり言ってこれ以上高精細のディスプレイだとタブレットとしては使用不可能だと思います。

ホント、8型1,280x800は実用ぎりぎりのサイズ&解像度だと実感しました。

という事で早くも結論をいうと、タブレットとして使うならアンドロイド(iOS)が最適!


けどそんな事はある意味分かりきっていたこと。

このウィンタブレットのメリットは、まんまWin10PCだという事です。

アプリストアで使い慣れないアプリを探す必要は無く、いつも使っているPCのアプリがそのまま使えるのが良いですね!

実際早速ワードやエクセルなどのソフトをインストールしてみましたが普通に使えます。

普通のPCなのでデスクトップPCとフォルダを共有したり、タブレットだと面倒な事も簡単にできます。

ブラウザも使い慣れたIEを同期とか面倒なこと考えずに(同じIDでサインインすれば)デスクトップPCと同じお気に入りやクッキーを使ってブラウジング可能です。


速度的にはなんというか同スペックのアンドロイドタブからすると遅い、というかレスポンスが悪い?

eMMCはタブレットなどで使われているSSDより遅いデバイスですが、これが遅いのかな。

ベンチ結果を見るとHDDよりはましなんですけどね。けどSSDよりはかなり遅い(笑)

かといって常に遅いわけではなく、一度メモリ上に乗ると軽い感じ。



 eMMCはライトが特に遅い


値段の安さとウィンタブを体験してみたくて購入しましたが、出先で資料を見たり軽い作業をするだけなら、餅は餅屋という事で普通の(アンドロイドやiOSの)タブレットを買った方が良いですね。


 
2016/6/2


・MH34S スティングレーTねた


 昨年夏以降、桜島の灰が飛んでくる事も少なくなりすっかり洗車の回数が減ってしまいました。

購入当初は週1〜2で洗車していましたけど(多いw)。

今回おそらく五ヶ月ぶりくらいで洗車。

洗車しながら塗装面とかをチェックしてみましたが、やはり4年近く経つと傷とか落ちない汚れとか色々出て来ますね。

とりあえず飛び石か何かで小さな傷に錆が発生していたのでタッチアップペイントでカバー。

現在走行距離26,400キロ。
大事に乗らないとなー





 
2016/5/27


・NewBalance TA-6002ねた


 TA-6002をプロムナードバー化したりフラットバー化したのは2015年の1月。

その後6月にDedaのドロップハンドルを購入して再度ロード化。

で、2015年の秋頃に“やっぱドロップハンドルは体に合わねぇ!もう一度フラットバー化だ!”と思いたつ。

昨年1月にフラットバー化した時はグリップシフトやママチャリ用ブレーキレバーを使ったりして中途半端だったので、今回は多少まとも?なものを購入。

シフターF3速:現行ALIVIOラピッドファイアプラスをヤフオクで購入(1800円程度だったか)。
シフターR8速:フラットバーロードをドロハン化した同僚からSL-R440ラピッドファイアプラスを1500円で。
ブレーキレバー:同じく同僚からシフターとセットでゲット。
ハンドルバー:Amazonで激安(1000円ちょっと)で売られているAndoerのWakeというブランドのライザーバーを購入。
ステム:Dedaのドロハンを購入した時に買っておいたUNOの突出し90mm、クランプ径31.8mmのアヘッドステムを流用。
グリップ:Amazonで売られているTOPCABINというブランドのロックリング式エルゴグリップを購入(1300円程度で安かった)。
バーエンドバー:何で買ったか覚えていないFOGLIAのショートタイプ(1800円程度)。





簡単な作業かと思っていたらドロップからフラットバーへの変更は大変で、そもそもブレーキワイヤーがロードとクロス系では異なる事を失念していました(てへぺろ)。

まあワイヤーは沢山あるので何とかなりましたが。



(別角度)


構想から実現まで10ヵ月近く掛かったような気がしますが(面倒だっただけ)、実際に乗ってみるとイィじゃないですか。

ライザーバーのお陰で上体がアップライトになり、クロスバイクの様な気楽さが味わえます。

バーエンドバーのお陰で登りも力が入れやすい。

はー、こりゃクソバイクから良バイクに変身だ(^^と思ってスピードメーターを見たら、アベレージ15km/h!?


ドロップハンドルの時はアベレージ20km/h台で近所を流していたのに…

どうやらクロスバイク化すると体も怠けてしまうようです(笑)

でも、もうこれでいいやー(肉体衰え


 
2016/5/19


  〜 NEWSあれこれ 〜


スズキ、国交省が定める排出ガス・燃費試験で一部異なる取り扱いがあったと報告 impress

 国土交通省から排出ガス・燃費試験における実態調査の指示が各メーカーに有ったようですね。

それを受けて、スズキは不正な測定方法を用いていたと公表、謝罪しています。

しかし測定方法は不正だったものの正式な測定方法との誤差はプラマイ5%という事と、消費者を欺く意図はまったく無かったという事から特に大きな問題にもならず終わりそうな予感です。

本来は実際に外で車を走らせて測定するはずなのが、スズキのテストコースは風の影響が強くでるため、新しく導入した風洞付きテスターを使用していたんですね。

これで誤差が5%程度なら最初から全メーカーの車を、国がこのテスター使って燃費測定すれば良い話じゃないか、って思いますけどね。


さて、次に不正を告白するメーカーはどこでしょう。

手遅れになっても知らんぞ!!


 
2016/5/10


・映画ねた

2015年に公開された火星サバイバル物“オデッセイ”、観ました。

同じく宇宙物のゼロ・グラビティ、インターステラも★4くらい良かったと思った映画だったけど、オデッセイは★5つけても悪くない!と思うくらい個人的に良かった。

不幸な事故のせいで一人火星に取り残された主人公がどうやって生き延びていくかという題材だけど、有る物(調査隊の残した施設や装備)を頭を使ってやりくりしていく様が良いですね!

主人公の特技を生かして食物を作り出す様も、「こんなの描いた映画あったっけ?」と思うくらい新鮮で、どうせなら一人で火星を豊かな土地にしてくれたら壮大で面白いんじゃないかと(笑)。

監督のリドリー・スコットは過去に駄作宇宙SF映画のプロメテウスを創っているので心配していましたが、この作品はプロメテウスの黒歴史を完全に覆せる良作だと感じましたよ。


 
2016/5/7


・原二ねた


 シグナスXのリコールが昨年有りましたが(セカンダリシーブ不良)、やっと対策部品の交換に行ってきました。

ついでにオイル交換も1年くらいやっていない気がしたので交換を依頼。

シグナスXはリコールの多いスクーターですが(今までに3,4回有ったと)、ちゃんとフォローしてくれるから安心でもあります。


いつものバイク店(フォーラム)に入ると目に飛び込んできたのは今年発売のヤマハの新型125ccスクーターNMAX








125ccなのにLEDヘッドライト、前後ABS搭載など豪華装備で実売30万以下と凄いスクーターです。

辛口(正直)で評判のサイト、“間違いだらけのコミューター選び”ですら、“運動性能、着座姿勢、単独乗車での着座位置、操縦性、どれもが私がこれまで取り上げてきた4st125tスクーターのなかでベストである。”と評価する有様。

NMAXのおかげでシグナスXはもちろん、人気のPCXまで売り上げが下がったとか。


じとー、と見ていると可愛い店員さんが「シグナスX下取りしてNMAX買っちゃいましょうよ(ハート)」というので査定をお願い。

出てきた査定が8万5千円。

買ってから3年半、走行距離3600キロなんですがもうそんなに安くなったんですね。悲しいです。

NMAXを買うとなると手出しが20万少々必要になるので今回は断念。

けどどうしても次のスクーターを買わないといけない、となったらNMAXは第一候補ですね!


 
2016/4/26


・SanDisk SSD Dashboard 1.4.2がインストールに失敗する件


 SSDの寿命予測など便利なツールであるSSD Dashboardですが、1.4.0から1.4.2に更新しようとすると“インストールに失敗しました”の文字が!

なんでや!


検索して出てきた2chのスレを見てみると、どうやら失敗する原因は以下のもよう。

インストーラー内のアンインストーラーが旧バージョンのダッシュボードを削除
(フォルダ内は空に)
 ↓
インストーラーがセットアップファイルをフォルダに投入
 ↓
アンインストーラーがフォルダが空になったか確認
 ↓
セットアップファイルがなぜか残っていると判断しエラーを吐く
 ↓
インストーラーは失敗と判断しインストール中止


なに、この間抜けな仕様は(;-д-)


クリーンインストールなら問題が無いためにこれを解決するためには、

・C:\Program Files (x86)\SanDisk\SSD Dashboardのフォルダを削除

・レジストリエディタで HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\SanDisk のレジストリキーを削除

・改めてインストール

これで新規インストール扱いになり成功しました。


この問題の有る1.4.2を放置しているSanDiskの姿勢には不信感が沸きますよ…


 
2016/4/21


  〜 NEWSあれこれ 〜


日産が軽自動車の開発を始めなければ、三菱自の不正は隠されたままだった Y!News

 だんだん今回の不正の詳細が明らかになってきていますが…

不正を指示したのは会社トップではなく、開発拠点の性能実験部の歴代の(ファッ!?)実験部長が指示していたという事。

驚くのは、今回の軽だけじゃなく三菱の普通車の燃費データまで不正操作していたという事実。

そう言えば以前RVRが欲しくていろいろユーザーボイスを収取していた時、“RVRの実燃費とカタログ燃費の差が激しすぎる”という声を沢山目にしました。

けどJC08モードと言えども実燃費との乖離は60〜70%と言われているので気にしなかったんですけどね。


そう言えば今私が乗っているスティングレーTのJC08モードは27.0km/L。

一年通しての燃費の平均は16km/L。

カタログ値の約60%程度しか出ていませんが(´ー`;)



今回の発覚を受けてNMKV解体、なんて事になると日産主導で開発される次期軽自動車も日の目を見なく恐れが有るので、車好きとしてはそうなると悲しいです…





【ばくおん!!】第3話 感想 そんな事実知りたくなかった… あにこ便

ばくおん3話でうけたのは、

リン「私のカタナ、新車で買ってもらったんだ!」

リンパパ(バイク屋で)「うぉーい、良い水没車入っているか?娘のカタナは水没車でメーター戻ししているけど、あいつ新車で買ったと思い込んでいるwww」

リン「・・・」


こんなセリフ、バイク業界フルサポートのアニメで良く流せたもんだw


 
2016/4/20


  〜 NEWSあれこれ 〜


三菱自動車、「eKワゴン」「eKスペース」で燃費を実際以上によく見せる不正な操作をしていたと公表 impress

 日産「今度は日産主導で軽を作るので、参考にekシリーズのデータ貸して!→このデータおかしない?」
という流れで不正が発覚したようですが…

もう日産は三菱と縁を切っても良いんじゃないかな(´-`)


 
2016/4/16


・平成28年度熊本大地震

気象庁「16日地震が本震」 Y!News

16日午前1時25分ごろ発生した地震がマグニチュード7.3震度6強だった事から、これが本震だという判断がなされたようです。

これも深夜に起きたために被害の全容はまだ分かってないですが(AM5時点)ダム決壊とか役所半壊とか恐ろしい情報が出ていますね。

二日連続で大地震に有っている熊本の方々は本当に大変だ…

鹿児島も夜何回も地震速報が流れて沢山の人が寝不足になっているでしょうね。







なんだろう。なんかガイナ臭がするw

と思ったらトリガー自体がガイナ派生だったのか。






坂本さんカッコよすぎやでぇ


絵柄からして腐女子向けかと思ったらギャグ物とは。


 
2016/4/15


・平成28年度熊本大地震

 4/14夜に熊本で起きた震度7の地震ですが、鹿児島でも震度4程度の地震となりました。

本震の後も何度も震度2〜3の余震が有ったのが驚きでしたね。
熊本の方では震度6クラスの余震だったとか…

九州で震度7の地震は今回が初(観測史上)という事で新幹線や高速道路が大打撃を受けました。

私は今日福岡に出張の予定だったんですが、交通手段が無いために(新幹線で行く予定だった)キャンセル。

鹿児島、福岡間の中継となる熊本駅も被災しているらしいし、しばらくは物流や人の足に大きな影響を残しそうですね。



 
2016/4/14


・PCねた

 3月は一気にSSD導入、Win10新規インストール、CPUをIntel Skylakeへとアップデートした月でしたが、その後の感想を。

それまでは電源ON後アプリが使えるようになるまで3分前後掛かっていましたが、今は電源ONからでも20秒程度と爆速。

Skylakeに交換したと言ってもPentiumDC G4400なのでローエンド構成なのですが(下の中)最新の重い3DゲームをフルHDで動かす事でもしない限り(DX9,10世代ならフルHDでも何とか)ストレスフリーなのが心地よいです。


しかしよく考えると、それこそ3Dゲームとか考えないなら、以前のAMD AthlonIIx2の構成でSSD導入+Win10新規インストールでかなり快適な環境が得られたように感じます。

その時はWin7→8→8.1→10とアップデートを重ねたためバグが発生してしまったのでSSDに換装しても今一効果的では無かったんですよね。

振り返ると、

“効果があった順”

1.SSDへ換装

2.OSクリーンインストール

3.マザボ、CPUを最新のに入れ替え

でしょうか。


ちなみにメモリーも3の時に8GBにしたのですが、頻繁にパフォーマンスモニターを見るも4GBを超えて使用されているケースは殆どなく、3Dゲームを二重に起動している時にかろうじて5GB近く使っているくらい。

Win10ではメモリー8GBがデフォ!なんて声をよく目にするので8GBにしたんですが、本当は4GBで十分なんじゃないですか…(´-`)



 






バックナンバー
2000  10 11 12
2001 1−3 7−11
2001/2002 12−2 3、4 5−7 8−10 11−12
2003 1-3 4-5 6 7 8a,8b 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2,3 4,5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3
著作権所有“いくぽん”全権保留